ゲートボールコカー補助金は、排ガスや燃費などについて基準を満たした新車を購入した際、国から補助金が出るという制度です。一定の環境基準を満たした自動車を購入し、申請手続きを行うことで補助金が出る仕組みです。現在では、この補助金は終了しています。近年、温室効果ガスの影響により地球レベルでの異常気象がおきています。日本でも、ゲリラ豪雨や大雪、夏場の猛暑など異常な気象現象が頻発しています。これらの原因となっている、二酸化炭素の排出量を抑え、地球温暖化を少しでも改善することを目的に導入されました。環境性能の高い車の購入を促すことで、従来の二酸化炭素を多く排出する自動車や燃費が悪い車の量を減らし、全体の二酸化炭素排出量を減らそうとする試みとなっています。この補助金は、国から支給されるお金であるため、国民から徴収した税金から支払われていることになります。今日では、従来のような公共工事のみではなく、これら環境保全に対して税金を投入するケースが増えており、国の政策上も環境保全が重要になってきています。また、この制度は環境性能の良い車の購入を促すとともに、新車購入も促しており、環境及び経済の両面に好影響をもたらす制度となっています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。