アメフト02日本を含めた世界各国で、大雨や大雪、猛暑、大寒波など様々な異常気象が起きています。これら異常気象の原因と言われているのが二酸化炭素の排出です。二酸化炭素を多く排出するものの1つとして、自動車が挙げられています。その為、地球環境保全のため二酸化炭素の排出が少ない自動車に移行させたり、二酸化炭素の排出を抑えようと、国の政策がとられてきています。その際に取られているのが、税金や補助による政策です。例えば、一定の環境基準を満たした車の購入を行った場合に、エコカー補助金として購入費の一部を国が補てんする政策が行われていました。これにより、既存の二酸化炭素を多く排出する車から、電気自動車やハイブリッドカーなど二酸化炭素の排出の少ない自動車への移行が促されました。また、環境税として、ガソリンなど化石燃料への課税も行われています。これにより、ガソリンの使用を抑制させ、結果ガソリンの使用が少なくて済む車への移行を促そうとする側面を持っています。地球環境保全のため、今後も二酸化炭素など温室効果ガスへの発生源への対策は様々行われていくと考えられており、それに伴い税のかけ方も今後さらに変わっていくと見られています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。